保湿オイルを徹底調査!口コミでも人気のスクワランオイルをおすすめランキングで紹介!

前へ
次へ

保湿オイル(スクワランオイル)ランキング!

肌トラブルを起こしやすい40代のスキンケアにおすすめのスクワランオイルランキング

女性であれば、毎日スキンケアを欠かさず行っている方はとても多いと思います。ですが、いくらしっかりスキンケアを行っていても、乾燥や肌荒れをしてしまう悩みを抱えている女性が多いのも現実です。

特に40代にもなると、お肌のコンディションを整えづらくなることもあります。きちんと毎日スキンケアをして保湿をしているのにもかかわらずなぜかお肌が乾燥してしまう、ファンデーションで隠そうとしても隠れない毛穴の広がりが目立つ、ニキビが繰り返しできてしまうなどの肌トラブルがなかなか治らないのであれば、スキンケアの方法そのものを見直す方がいいといわれています。

40代の肌トラブルの原因は、結局のところ老化が大きいのだそうです。誰しも年を取ればお肌のコンディションを整えるターンオーバーのサイクルも乱れてしまいますし、バリア機能が低下してしまうため、外部からの刺激にも弱くなってしまいます。これらの原因により、ますます肌トラブルが起こってしまうことも。

そこで今回は、角層までしっかり保湿をしてお肌のバリア機能をアップさせる効果が期待できる、40代のスキンケアに最適なスクワランオイルおすすめ順に5種類、ご紹介しています。毎日のスキンケアに取り入れると保湿してくれるだけではなく肌トラブル改善につながる上に、アンチエイジング効果全身の美肌ケアにも重宝する優秀アイテムになるでしょう。

保湿オイルランキング!

1本で全身の保湿ケア可能!高品質なスクワランオイル「HIROCO ピュア・スクワオイル」

美肌になるためのケアにおいて、保湿はとても重要です。スクワランオイルは保湿効果が高いオイルとされていますが、その質はピンからキリまであるもの。肌荒れをはじめとして、乾燥やくすみ、しわなど、さまざまな肌トラブルを抱えがちな40代にとっては、できるだけ多くのトラブルをカバーしたいものです。

そんな方に使っていただきたいスクワランオイルとして1番目におすすめしたいのが、「HIROCO ピュア・スクワオイル」です。こちらのオイルの魅力は、なんといっても高い純度のスクワランを使用しているということ。お肌に近いという高品位なスクワランのみを使っているので、品質が高いだけではなく肌馴染みも優秀です。1秒間に2mmという高い浸透力なのでオイルなのにベタつかず、サラッとした使い心地も魅力です。

純度の高いスクワランに加えて、無添加なので、子供から高齢者まで安心して使えるのもメリットです。また、乾燥肌や敏感肌、油性肌でも美肌効果が期待できる美容オイルとして、毎日のスキンケアで使用できるので、幅広い方に保湿ケアに使える万能オイルといえるでしょう。

こだわりの精製方法で高い使い心地と浸透力を実現!「まり菊 スクワランオイル」

2番目におすすめする保湿オイルは「まり菊 スクワランオイル」です。女性の美は素肌から、との思いから、高品質なスクワランオイル「まり菊 スクワランオイル」を販売しているのは、京都・祇園生まれの「祇をん まり菊」です。祇園で働く舞妓さんをはじめとした女性の美しさを守るスキンケア製品を製造・販売しています。その中のひとつが、スクワランオイルです。

純度100%で完全無添加のスクワランオイルは、精製度が高くお肌への浸透力が高いのが魅力です。そのため、使い心地もサラッとしていてオイルにありがちな不快な臭いや感触とも無縁です。お肌に浸透したスクワランオイルは、肌内部の水分と油分のバランスを整えて、トラブル改善へ導いてくれます。

お肌の荒れなど、問題を抱えている方のスキンケアに、まず取り入れてみるのがおすすめとなっています。また、お肌にやさしいので、敏感肌の方や赤ちゃんでも使えます

まり菊スクワランオイルのもうひとつの特徴といえるのは、長期間使用できること。ほぼ酸化しないオイルなので、開封後でも約2年間も常温保存ができます。長期間劣化することなく、ほとんど同じ品質で使い続けられるのは、うれしいポイントではないでしょうか。

祇をん まり菊から販売されている石けんと併用すると、さらにその効果がアップするスクワランオイル、毎日のスキンケアに取り入れると、美しい素肌へ一歩近づけるはずです。

スペイン産オリーブから作られた完全無添加スクワランオイル!「オリーブマノン ピュアスクワラン」

3番目におすすめするのは日本オリーブ株式会社の「オリーブマノン ピュアスクワラン」です。スクワランオイルは、「スクワレン」と呼ばれる成分に水素を添加して作られた「スクワラン」から作られたオイルです。スクワランオイルの原料になるスクワレンは、大きく分けて動物性・植物性の2種類があります。

深海鮫を原料とした動物性のスクワレンに対し、植物性のスクワレンはオリーブオイルや米ぬか油、ベニバナオイルなどから抽出されますが、抽出量が少ないため植物性のスクワランオイルは稀少とされています。

こちらの「オリーブマノン ピュアスクワラン」は、1万個ものスペイン産のオリーブから抽出されたスクワレンを元に作られた、稀少なスクワランオイルです。100%植物性のオイルは、添加物を一切使用しない完全無添加のピュアなオイルなので、敏感肌の方にも対応。すぐれた保湿効果でお肌にしっかりとうるおいを与え、整えてくれます。

フェイスケアだけではなく、首筋やデコルテのケア、ヘアケアにも幅広く使えるオリーブ由来のスクワランオイルは、毎日の保湿ケアに重宝するでしょう。

こだわりの純度と厳しい衛生管理の元で作られた高品質オイル「高品位スクワラン(HABA)」

4番目におすすめするのは、HABAの「高品位スクワラン」です。毎日のスキンケアには、できるだけ安心・安全の高品質なものを使いたいと思うのは誰しも同じではないでしょうか。そんな、毎日の保湿ケアに便利なスクワランオイルの品質にこだわる方におすすめなのがHABAの「高品位スクワラン」です。

こちらのスクワランオイルは、1983年の発売以来高い人気を誇る製品で、すでに1800万本以上も売り上げているロングセラーの人気商品です。スクワランの純度にこだわり作られたスクワランオイルは、肌馴染みが良くさらっとした感触でお肌にすぐに浸透します。

高品位スクワランは、製造過程にもこだわっています。厳しい衛生管理システムを持つ北海道の自社工場で1本1本作られており、しかも防腐剤などの添加物も一切使わない「無添加主義」を守っています。だから、高い品質のスクワランオイルができているというわけですね。

のびが良いオイルなので、毎回少量の使用でスキンケアが完了します。小さな15mlボトルでも1日2回の使用で3ヶ月も使え、全身のスキンケアにも使えるので、コストパフォーマンスにすぐれた美容オイルといえるでしょう。

基本のスキンケアに使える高品位スクワランの他、ホワイトニングやアンチエイジング効果が期待できるスクワランオイルも揃っているので、目的に応じて使い分けることができるのも、HABAのスクワランオイルの魅力です。

全身の保湿に適したオリーブ由来のスクワランオイル!「オリーブスクワランオイル(無印良品)」

お手頃価格の雑貨や生活用品、コスメなど、シンプルだけど使いやすく便利な製品を数多く販売する「無印良品」から販売されているスクワランオイル、「オリーブスクワランオイル」を5番目におすすめします。こちらのオイルは、名称からもわかるようにオリーブオイル由来のスクワレンから精製した、無香料・無着色の植物性スクワランオイルです。他の無印良品の美容オイル同様に、オイル以外は何も添加していない、安心して使える製品です。

高い浸透力と保湿力を持っているオイルなのに、軽くてサラッとした使い心地なのが好評です。スキンケアとして使うだけではなく、全身の保湿ケアやヘアケア、ベースメイクに混ぜて使うなど用途も幅広いのも特長です。乾燥でお悩みの方には特に、乾燥対策としてさまざまな方法で使っていただけるスクワランオイルです。

販売サイズは、50ml、100ml、200mlの3種類。のびが良いのでフェイスケアなら1滴でも十分な量ですから、コストパフォーマンスも良いオイルです。最も小さい50mlサイズは持ち運びにも便利なので、旅行へ持っていくのにも適しています。全国各地に多数の店舗を構えている無印良品なので、旅先などでも比較的購入しやすいのも大きなポイントでありメリットです。

40代が悩まされがちな肌トラブルへのケアにおすすめのスクワランオイルとは?


40代になってもまだまだ中身は若い、と思っていても、残念ながらお肌は確実に年を取っています。まだ若いつもりで昔のまま続けているスキンケアが、年を取ったことによってお肌の状態に合っていないものになっている可能性も考えられます。外見や気持ちがいくら若くても、お肌の若さがついていかないことだってあるのです。お肌に合っていない若い頃のスキンケア方法をいつまでも続けていると、肌トラブルを起こすこともあります

また、女性にとって40代という年代は、お肌が荒れやすいともいわれています。先述の若いままのスキンケアが逆にお肌へ刺激を与えていたり、加齢によるお肌のうるおいをキープするコラーゲンなどの減少肌バリア機能の低下生活習慣などからのストレスなども肌荒れの原因と考えられています。

肌荒れの悩みを解決するための基本は、十分な睡眠を取ってバランスの良い食生活を送るといった正しい生活習慣で身体の内側から改善することですが、当然ながらベースとなるスキンケアを見直すのもポイントです。普段通りにきちんとスキンケアをしているのに、肌がやたら乾燥して肌荒れを起こしているのはなぜだろう、と疑問に感じたことがある場合は、そのスキンケアを見直してみるのもいいでしょう。

そんな40代のスキンケアに取り入れてほしいコスメとしておすすめなのが、美容オイルです。現在市販されている美容オイルには、オリーブオイルやアルガンオイルなどさまざまな種類がありますが、その中でもイチオシなのがスクワランオイルです。

スクワランオイルは、深海鮫の肝油やオリーブなどの植物から抽出された「スクワレン」に、水素を加えて安定化させた物質「スクワラン」からできています。スクワレンとスクワランは、どちらも人のお肌に欠かせない成分で、うるおいを保ちお肌を柔らかくする効果を持っています。しかし、これらは年齢と共に量が減少していくといわれ、女性は25才を境に急激に減少してしまうのだそうです。

先ほどの肌荒れの原因には、スクワレンとスクワランの減少もかかわっています。この2種類の成分の減少はお肌のうるおいを低下させ、さらにバリア機能も低下することで外部からの刺激や紫外線などの刺激に弱くなってしまうため、肌トラブルを起こしやすくなります。

スクワランオイルは元々お肌にある成分が含まれたオイルなので、お肌に浸透しやすいという特徴を持っています。だから、赤ちゃんや敏感肌の方でも使えるほどお肌に優しく、しっかりと保湿してくれるうれしいアイテムなのです。

スクワランオイルは高純度のものを選ぶのがポイント

スクワランオイルを探してみると、多数の種類の製品が販売されていますが、当然ながらすべての製品が同じクオリティではありません。

一般的に、スクワランオイルを選ぶ際に最も大事なポイントは、純度だといわれています。高純度であればスクワラン以外の余計なものが入っていないということになり、逆に純度が低いスクワランオイルは不純物が含まれるということになります。純度が低いスクワランオイルには添加物が入っていることもあるので質も低くなり、酸化しやすいものもあるといいます。

酸化してしまったオイルをお肌に使うと、シミの原因となる色素沈着や黒ずみ、肌のくすみの原因になる恐れもあるため、要注意です。このことからも、スキンケアにスクワランオイルを使うのであれば、まず純度をチェックして、できるだけ純度が高いものを選ぶのがいいでしょう

そして、スクワランオイルは動物性と植物性の2種類に分かれます。深海鮫などの肝油から抽出されたスクワレンを使用しているものは動物性、オリーブなどが原料となっているものは植物性となりますが、どちらもスキンケアに必要な効果の違いはありません

今回ご紹介した5種類のスクワランオイルは、いずれも高純度で高品質の製品ばかりが揃っています。特に動物性の高純度スクワランオイルなら酸化しにくいため、常温でも長期間保存ができますから、オイルを無駄なく使えるメリットがあります。

開封後でも長期間使えるスクワランオイルもありますから、美容オイルを買っても使っている途中でオイルが悪くなってしまい最後まで使い切ったことがない、という方でも、最後の一滴までムダなく使用できるでしょう。

オイルでスキンケアをする時に気になる代表的なことといえば、ベタベタするのでは、ということはないでしょうか。使うオイルによっては、お肌に乗せてもなかなか浸透せず、肌表面にいつまでも残ってベタベタと感じることもあり、油性肌の方は特に、オイルを使うことに抵抗を感じてしまうこともあるかもしれません。

その点、スクワランオイルはすぐれた浸透力を持っています。今回のランキングに入っているスクワランオイルはいずれも、サラッとした使用感でまったくベタベタを感じないものばかりです。オイルなのに軽い感触で、すぐに浸透するのでベタつきがなく、油性肌の方にも快適に使っていただけるかと思います。

使っていても、すぐにお肌に入り込んでいることを実感できる浸透力の高さなので、高い保湿力で乾燥から守り、肌トラブル改善に一役買ってくれます。中には、乳液やクリームの代わりに使えるほど保湿力が高いスクワランオイルもありますから、ケア方法に合った製品を選ぶと、毎日のスキンケアに取り入れやすくなるでしょう。

スクワランオイルは全身の保湿ケアに使える万能オイル

スクワランオイルをスキンケアに取り入れるのは、とても簡単。スクワランオイルは、水分と混ぜて使うことで乳化するとお肌にぐんぐん浸透する働きを持っているので、洗顔後に化粧水を使った後、1滴を手に取って顔に伸ばしてからハンドプレスするだけです。場合によっては、ブースターとして化粧水の前に使うという方法もあるようです。

フェイスケアでスクワランオイルを使う時は、同時に首やデコルテにも伸ばすと、顔と同時に保湿ができます。ベタつかないので、朝のスキンケアに使うことも可能です。スペシャルケアとしても、スクワランオイルを顔や唇に塗ったあとラップでカバーするスクワランパックとしても使えるので、とても用途が広い美容オイルですね。

いずれにしても、スクワランオイルはとてものびが良いオイルなので、1回分のお手入れに使う量は基本的に1滴で十分です。そのため、1本で長く使えることも多く、コストパフォーマンスにすぐれているともいえるでしょう。

スクワランオイルはフェイスケアだけではなく、全身のケアに使えるのも大きなメリットです。全身の乾燥が気になる部分にすり込んで保湿できるのをはじめとして、マッサージの時にマッサージオイルとして使うこともできます。また、ネイルケアとして甘皮に塗ると、爪を強くしたりツヤが良くなる効果があるそうです。

保湿力が高いスクワランオイルはヘアオイル代わりとして髪の毛にも使えます。シャンプー後、ドライヤー前に髪のなじませると、髪の毛に使ってもパサつきを抑えてツヤツヤの髪に仕上がります。タオルドライ後の髪に馴染ませると、アウトバストリートメントとしてヘアパックのような効果も得られます。スクワランオイルは頭皮にも浸透しやすく馴染みやすいので、頭皮パックや頭皮マッサージに使うのもおすすめです。

毎日使うものだからこそ、スキンケアに使うコスメは安心して使える製品を選びたいものです。今回ランキングに入っている5種類のスクワランオイルは、動物性・植物性の違いや製造方法などに違いがあるものの、すべて高品質で、余計なものが含まれていない純度の高いスクワランオイルばかりです。

肌トラブル改善やお肌の調子を整えるためのスキンケアに用いるスクワランオイルとしては、申し分のないクオリティのものとなっています。中には、ホワイトニングやエイジングケア効果が期待できる成分をプラスしたスクワランオイルなどもあるので、用途に応じてオイルを選べます。

40代の年齢に応じたスキンケアを始める時にも、スクワランオイルの導入がおすすめです。毎日スクワランオイルを使って、若々しいモチモチしたトラブル知らずのお肌を取り戻しましょう。

 

 

記事一覧

スクワランオイルは、天然の保湿成分を含むスキンケア用品として全国的に知名度が高まっています。そこで、こうした商 ・・・[続きを読む]
40代ぐらいの年齢になると、お肌の老化や乾燥などが原因で肌トラブルが発生しやすいです。天然素材を使用したオイル ・・・[続きを読む]
保湿オイルは、年齢や紫外線などの影響でダメージを受けた肌をしっかりとカバーできるアイテムとして注目が集まってい ・・・[続きを読む]
  保湿オイルは、加齢や体質、紫外線などが原因となる顔のシワやたるみなどの解消に役立つアイテムとして ・・・[続きを読む]
乾きやすくごわつきも気になりやすい肌には、保湿オイルでのスキンケアが救世主となります。 化粧水や乳液は普段から ・・・[続きを読む]
  アトピーの原因には、ウイルスや細菌、乾燥肌、アレルギーなど様々なものがありますが、少しでも肌の状 ・・・[続きを読む]
  スクワランオイルは、顔だけでなく頭皮や二の腕、ふくらはぎなど様々な箇所に使うことのできる美容化粧 ・・・[続きを読む]
スクワランオイルを使って家庭内でスキンケアを始めるにあたり、肌なじみの良いアイテムを優先的に選ぶことがおすすめ ・・・[続きを読む]