保湿オイルを徹底調査!口コミでも人気のスクワランオイルをおすすめランキングで紹介!

スクワランオイルとオリーブオイルの違いとは?

若い年代の人から、中高年以降の人まで、髪の毛のパサつきや肌荒れ、ニキビ跡などで悩んでいる人が多いです。

オリーブオイルとスクワランオイルの違いを知っておくと、用途に合わせたお手入れができます。

オリーブオイルは優れた抗酸化作用があるので、食用油としても高い人気があります。

スクワランオイルは繰り返し蒸留をして作られているので、純度が高く安全性に優れているなどの特徴があります。

皮膚に浸透しやすいのが特徴です

加齢と共に皮膚が弱くなって、乾燥しやすく肌荒れで悩んでいる人は多いですし、ニキビ跡や毛穴の開きなどで悩んでいる人も少なくありません。

最近では、オリーブオイルなどの天然の植物を原料にした油をスキンケアに使用する人が増えています。

スクワランオイルは人体でも生成されている成分なので、皮膚に浸透しやすく優れた保湿効果があり、オリーブオイルに比べるとべたつきなどがなく、さらっとしているのが特徴です。

オリーブオイルは優れた抗酸化作用があり、食用としても人気がありますが、比較的リーズナブルな価格なのでボディーケアに使用するのがお勧めです。

スクワランオイルに比べるとややべたつきがあるので、適量を使用することが大事です。

スクワランオイルは少量でも伸びが良いのが特徴なので、顔のお手入れに使用する時は一滴ぐらいが適量になっています。

オリーブオイルは食用油としても人気があります

オリーブオイルはスペインやギリシャなどでは、大変ポピュラーになっており、食用はもちろんボディーケアにも使用されています。

低刺激でお肌に負担が少ないため、クレンジングオイルとして使用している人も多いです。

スクワランオイルは深海ザメなどの動物を原料にした商品や、紅花オイル、オリーブ油を原料にした植物由来の商品もありますが、繰り返し蒸留をして作られているので、純度が高いのが特徴です。

現代はお肌が弱くデリケートな人が増えているため、なるべく無添加で純度の高いオイルを購入するのをお勧めします。

オリーブオイルに比べるとお値段は高めになっていますが、一日に2回使用しても2、3か月は使用できる商品も販売されています。

人体に含まれている成分なので、人間の皮膚になじみやすく、皮膚の乾燥を防ぐ効果があります。

赤ちゃんや幼児でも使用できるので、自宅に常備しておくと便利です。

スクワランオイルは、酸化がしにくいのが特徴です

オリーブオイルは植物を原料にして作られていますが、優れた抗酸化作用があるので、生活習慣病を予防したり、美容面で改善が期待できるので、サラダに掛けたり、炒め物を作る時に使用している人が多いです。

スキンケアやボディーケア用に作られた商品も販売されており、スクワランオイルに比べるとお値段が安いのが特徴です。

スクワランオイルは美白効果の高い商品や、アンチエイジングに役立てられる商品も販売されています。

オリーブオイルとの違いを知っておくことで、用途に合わせた使い方ができます。

スクワランオイルは独自の製法で作られているので、酸化しにくく最後の一滴まで使用できます。

髪の毛のぱさつきが気になる時は、適量をなじませると良いでしょう。

まとめ

加齢と共にお肌の悩みを持たれている人が多いですし、若い人もニキビ跡や毛穴の開きなどで悩んでいる人が多いです。

スクワランオイルは繰り返し蒸留をして作られているので、純度が高いのが特徴です。

オリーブオイルは優れた抗酸化作用があるので、食用としても人気があります。

スクワランオイルはオリーブオイルに比べるとお値段は高めですが、人体で生成される成分なので皮膚に浸透しやすく、優れた保湿効果が期待できます。

オリーブオイルに比べるとべたつきが少なく、さらっとしています。