保湿オイルを徹底調査!口コミでも人気のスクワランオイルをおすすめランキングで紹介!

スクワランオイルは髪にも使用できる?

自然の力で肌を美しくしてくれる、美容の救世主と名高いスクワランオイルを、肌だけに使っていませんか。

実は肌だけではなく髪にもよい影響を及ぼしてくれるオイルとして、ヘビーユーザーが多いといわれています。

スクワランとはいったいどんなものか

そもそもスクワランとは、哺乳類や植物が元から持っているスクワレンと呼ばれる成分に水素を加え、クリームや保湿剤の原料になるようにした物です。

スクワレンは人間の体内に元から存在している成分で、皮脂膜の成分となり、汚れや雑菌から肌を守る役割を果たします。年齢やストレスによって減少してしまうことが多く、食事で取り入れたいと考える人は少なくありませんが、酸化しやすいためサプリメントがおすすめです。

酸化しやすいならスクワランオイルを取り入れても意味がないと考える人もいますが、スクワランは水素を加えて酸化しにくくなっています。そのため、スクワレンを取り入れるのならサプリメントを、スクワランを取り入れるなら化粧品や軟膏などが便利です。

スクワランオイルはスクワレンを酸化しにくくして、不純物を取り除いて造られているオイルとなっています。原料としてはオリーブやサメが中心で、脱臭・脱色をしているため、原料に関係なく使いやすいのが特徴です。

安全性が高く、肌への浸透力が高いため、肌質を選ばずに誰もが使えるのがスクワランオイルだといわれています。肌に使用するときには化粧水で肌を潤してから、スクワランオイルを1滴か2滴ほど肌に伸ばして使うことが望ましいです。

スクワランが髪にどんな影響を及ぼすのか

スクワランオイルが肌に与える効果としては、浸透して美肌成分を肌になじませ、美肌に近づけることが挙げられます。髪への影響に関しては、浸透する力によって髪のパサツキや広がりを防ぎ、艶やコシを引き出してくれる可能性が高いのが特徴です。

低刺激で保湿力が高いため、少量ずつ使うことによってパサツキや広がりなどを防いでくれますが、使う順番には気をつけなければなりません。

なお、髪だけではなく頭皮のマッサージにも使えるため、頭皮をマッサージしてからシャンプーをすると毛穴の汚れをすっきりさせられるでしょう。頭皮をマッサージする場合は、頭皮が乾燥しているときにスクワランオイルを1滴から2滴ほど手になじませ、両手のひらで頭を挟みます。両方の指で頭皮を自由自在に動かし、手のオイルを頭皮になじませながらマッサージすることが頭皮マッサージです。

この時注意するのは、指の腹を使ってマッサージすること、つめはなるべく当てないように心がけることでしょう。マッサージを済ませてからお湯でよく洗い流し、通常のシャンプーを行うと、通常よりも毛穴から汚れが出やすくなるといいます。なお、2週間に1度くらいの割合で頭皮マッサージすると毛穴の汚れが取れやすくなるといわれているため、参考にしてください。

どうやってオイルを髪に使えばいいのか

オイルを使用する場合、どう使うのかによって影響が大きく異なりますが、触った感じのぱさつきや痛み具合によって変えましょう。痛みがひどい場合にはオイルを使ったヘアパックを、それほどひどくないけれどパサつく時にはトリートメントを実施すると効果的です。

ヘアパックのやり方としては、まず最初に髪を軽くお湯でしっかり洗い流し、汚れを取ってからシャンプーしましょう。その後長さに合わせてスクワランオイルを手に取り、全体的にマッサージしながら頭皮にもしっかりつけてください。その後熱めのお湯に浸して絞ったタオルか、電子レンジでぬらしたタオルを1分加熱して蒸らしたタオルで頭を覆い、10分から15分ほど放置しましょう。その後リンスやコンディショナーを行い、ドライヤーなどを使って乾かせばヘアパックの完了ですが、気になる場合はシャンプーやトリートメントをしてもかまいません

オイルトリートメントは、シャンプーやコンディショナーを済ませ、タオルで水滴をオフしたら、スクワランオイルを毛先中心にもみこみます。多少少ないくらいで効果が実感できるため、髪の長さによって1滴から3滴程度で問題ありません。

その後頭皮マッサージを行って髪を乾燥させれば、オイルを使ったトリートメントは完了しますが、毎日やる必要はないです。ヘアパックは1週間から2週間に1度、トリートメントは3、4日ごとに1回行うことでパサツキや髪の痛みから解放されるでしょう。

スクワランオイルは肌だけではなく、髪にもよい影響を及ぼしてくれる魅力あるオイルですが、使い方には工夫が必要です。スキンケアのように毎日使用する必要はなく、痛んでいるときだけ使用することで、健康で艶のある状態に仕上げてくれます。

サイト内検索