保湿オイルを徹底調査!口コミでも人気のスクワランオイルをおすすめランキングで紹介!

美容オイルの使い方を間違えると老化肌になってしまう?

近年、美容オイルでのスキンケアが注目を集めています。

特に乾燥が気になりはじめる30代・40代以降の女性にとってオイル美容は人気を集めています。

ただ肌に優しいというイメージがあるオイル美容ですが、間違った使い方をしてしまうとかえって老化肌を招いてしまうかもしれません。

どのようなケアだと老化肌が促進されてしまうのかチェックしてみましょう。

 

肌を擦るスキンケアは小じわを招く原因になる

美容オイルは浸透力が高く、また保湿性にも優れています。

また肌への刺激も少ないということもあり、顔全体はもちろん特に敏感で乾燥もしやすい目元や口元のスキンケアに使用する人も少なくないようです。

しっかり保湿をしようとして何回も目元や口元にオイルを塗り込んでしまいがちですが、このような使い方をしてしまうと小じわの原因となるので注意が必要です。

何回もオイルを塗り込むということはその分、肌への負担となってしまいます。

肌は擦るとその刺激によって、小じわができやすくなると言われているのです。

特に皮膚が薄い目元は他の部位と比べると、擦るという負担で小じわができやすくなります。

口元のほうれい線対策としてオイルを強く擦るように塗り込むのも、目元同様に肌への負担からシワを深くしてしまう可能性が高いです。

小じわケアとしてオイル美容を行っているのにも関わらず、かえって小じわを増やしてしまっては元も子もありません。

乾燥している部分にオイルを塗る際は、強く塗り込むのではなく優しく浸透させるように馴染ませましょう。

 

場合によってはシミや色素沈着を引き起こすので注意

美容オイルの種類によっては、シミや色素沈着対策として効果が期待できるものもあります。

このような働きがあるオイルは肌のターンオーバーを促進させるタイプです。

シミやくすみは肌にメラニンという黒い色素が溜まってしまうことで起こりますが、ターンオーバーという機能が正常に働いていればメラニンは古い角質と一緒に排出されます。

ターンオーバーを促す作用のあるオイルでスキンケアをすれば、メラニンの排出がスムーズに行われ結果、美白効果が期待できるというわけです。

ただ、シミや色素沈着がすでにできているという場合、早く美白効果を出そうとしてオイルを何回も塗り込んでしまいがちです。

小じわの原因も塗り込みによる肌への負担でしたが、シミや色素沈着も強く肌を擦ることで起こります。

肌は擦るなどのダメージが加わると、メラニンを多く作り出してしまうのです。

美白効果を得るために押し込むようにオイルを塗り込んでしまうと、かえってダメージからメラニンが生成されシミや色素沈着が濃くなるかもしれません。

シミや色素沈着を作らないためにも、やはり肌を擦らないようオイルを浸透させることが大切です。

また、純度の低いオイルは酸化をしやすくシミや色素沈着を起こすリスクが高まります。

美白ケア目的で美容オイルを使うのであれば、純度の高い商品を選ぶようにしましょう。

 

過剰な保湿ケアによって肌が弱くなってしまうこともある

とても保湿作用に優れている美容オイルですが、頻繁に使い過ぎてしまうと肌本来の力が弱まってしまうかもしれません。

人の肌には傷んだ部分を修復する機能が自然と備わっています。

健康で美しい肌をキープするには、この自然の機能を活かすということが重要です。

オイルはとても浸透力が高く保湿もしっかりされるので、毎日でも使いたいと感じる人も多いでしょう。

ただ、保湿効果の高いオイルを毎日使い続けてしまうと、肌が持つ自然治癒力機能を低下させてしまい肌が弱くなってしまう可能性があるのです。

自分の肌が持つ本来の機能を低下させないためにも、オイルでのスキンケアは週に1回から2回程度に留めて、スペシャルケアとして使うと良いでしょう。

 

アンチエイジングや美肌目的で使う女性の多い美容オイルですが、間違った使い方をすると小じわやシミ・色素沈着を招くなど、かえって肌の老化が進んでしまいます。

また、肌が弱くなってしまうことも考えられるので、正しい方法で使うようにしましょう。

 

 

サイト内検索